スズキ・イグニスのデザインを考える

アグレッシブコンパクトのキャッチコピーでデビューした、スズキ・イグニス。

ころっとしたかたまり感のあるデザインで、なかなかいいと思います。

このセグメントで、こういうコンセプトとクルマってありそうで、無かったかも知れません。

スズキは、こういう風に、隙間をついてくるのが実に上手いですね。

そうそう、スズキ・イグニスへの車の乗り換えは那覇 車買取で一括査定をしてからでも遅くないんですよ。

そのデザインですが、すでにいろいろなジャーナリズムのなかで、話が出ている通り過去のスズキ車のデザインを、少しずつ取り入れてます。

私が特に懐かしいと思ったのは、Cピラーに設けられた、スリット状の窪みです。

これ、ジウジアーロがデザインしたフロンテクーペのピラーにあったデザインです。

もう、みた瞬間に、「スズキさん、やるな~」と思いました。

こういう風に、過去の実績というか、レガシーを大切にしている姿勢は、一人のクルマ好きとしてとても好感が持てます。

あと、切り欠きを入れたボンネットフードなど、いろいろあります。

でも、全体のフォルムは、全く新しいものでとても新鮮なイメージを与えています。

真後ろから見ると、ちょっとフェンダーのふくらみが大きすぎるかな?とは思いますが、スズキとしては、「他のクルマとは違うんだ」というイメージを、先ず優先させたのでしょう。

全体として、カタマリ感のある、とてもいいデザインにまとまっていると思います。

どちらかというと、男性っぽいデザインですがオレンジカラーなどは、女性もとてもよく似合うと思います。

古くなった廃車の処分は廃車買取価格.netで!なんと、廃車費用が最低でも無料で、人気車種なら廃車にするような車でも高価買取だって十分に期待できますよ!

GTOの車検が通らず困った

以前乗っていた愛車GTOで困った体験をしました。

GTOっていうのは三菱のスポーツカーで、3Lツインターボのモンスターマシンです。

この車には直線しか早くないっていう致命的な欠点があるものの(ストレートモンスターと異名ととるほどでした)、私はそのフェラーリを模したそのフォルムが好きで乗ってました。

ただこの車、人気がない故に街中で見かけることがほとんどないレアカーなんです。

値段自体は当時500万程度で購入できた車で、手が出せないような高い車でもないんです。

しかし人気のなさとフェラーリっぽいフォルムから周囲の注目が浴びやすい車でした。

早い話がみんな私のGTOを見るわけです。

カッコイイと感じてみる人もいれば、こんなアホみたいな車に乗ってるのって感じで見る人もいたでしょう。

どういう気持ちで見ようとしてるのかはわかりませんが、とにかく色んな人に見られました。

そこで運転席と助手席の両サイドの窓にカーフィルムを貼ったんです。

外から見られても中がわからないように濃いのを貼りました。

本当はここに濃いカーフィルムを貼るのはダメなんですが、直接カーフィルムを貼ってる業者に依頼しキライに貼ってもらいました。

問題は車検を通す時です。

この状態だと車検は通せないと言われ困りました。

方法としてはカーフィルムをとって車検を受ける、書類審査だけで車検を通してくれる民間車検場にお願いするの2つです。

どちらを選んでもフィルムを取るのに料金がかかりますし、書類で通してくれる車検をするにも手数料がかかり、結局それなりの費用がかかってしまうんです。

紆余曲折し、なんとか車検は通したんですが、この予想外の出費にビックリしました。

なんだかんだあったときに車を売ろうか迷ったときに車買取 名護で一括査定をしたことがあります。

結構な値段が追加のでかなり心がゆれましたよ。

ロータリーエンジン搭載のFC3SやFD3Sを帯広で

数ある国産スポーツカーの中でも人気の高いRX-7・FD3S。発売が始まった1991年は「アンフィニ・RX-7」という名前が付いていました。車体が低く、多くの曲面を多用したボディーに魅了された方が多くいらっしゃると思います。

FDのことになると必ず出て来るのが「ロータリーエンジン搭載」という話。このロータリーエンジンは、西ドイツのバンゲル社が発明し、その可能性に着目したマツダが1961年にその技術を導入したものです。翌年マツダは「ロータリーエンジンを乗せたスポーツカーを作る」というプロジェクトを始めました。そのエンジンにかける情熱の高さにより、ハイスピードで研究・開発されていったと言われています。

1963年の自動車ショーでの一般公開、1965年の全国ディーラーによる実写テストを経て、1967年にこのスポーツカーが市販されました。それが皆さんご存知のコスモスポーツです。コンパクトさが特徴のエンジンを搭載することでたくさんのメリットが生まれました。フロントのアクセルシャフトより後ろに乗せられることや、全体の重量バランスが良くなったことでスポーツカーに最適なハンドリングが出来るようになりました。マツダはこれを「フロントミッドシップ」と定義し、後のRX-7に引き継ぎます。

初代(SA22C)、2代目(FC3S)、そしてアンフィニRX-7(FD3S)。不景気や排ガス規制、さらには対人安全基準の強化などが影響して販売は終了していますが、根強いロータリーファンはきっとこれからも、修理しながら大事に乗り続けていくでしょう。正直なところ乗り心地が良さそうな車ではなさそうですが、あの低いドライバーズ・シートに座って独特のロータリーサウンドを聴きながら走ることこそが醍醐味なのだと思います。

帯広で車売るならこちら→帯広 車買取で高価買取!