バブルカーが懐かしい

バブル時代は、色々な車が誕生しました。しかし、バブルのように消えていきましたね(笑い)。

高級車や高性能車の発売が多かったように思います。大ヒット車種もありますけどね。まずなんといっても、GT-Rの復活でしょう。500万円近い値段ながら、バカ売れしました。日産における伝説の車でしたからね。

次に挙げたいのは、ユーノスロードスターです。現在四代目となり、世界中から高い評価を得ています。マツダといえば、ロードスターというぐらいマツダを象徴する車です。そもそもは、バブリーな車として売りだしたと思います。オープン2シーターですから、実用性が高い車ではなく、趣味の車ですからね。不景気でも売れるということは、それだけ支持者が多いということに思います。

他にもセルシオがあります。セルシオもバカ売れしました。600万円とか700万円とかする車が、バカ売れするなんて今では考えられないですよね。若者も結構乗ってましたからね。セルシオは、後にレクサスとして販売されるようになりました。

セルシオと同じようなゴージャス路線を目指したけれど、上手くいかなかった車種は、たくさんあります。

まず、シーマです。バブル時代の初代シーマはよく売れましたが、二代目以降売れなくなり、生産中止になりました。

ユーノスコスモも凄いバブルカーでした。3ローターターボエンジンを搭載し、リッター2,3キロという燃費の悪さは、もはや伝説です。勿論、一代限りで姿を消しました。

そして、アルシオーネSVXという車もありました。これも一代限りで姿を消したバブルカーです。この車は、バブル時代でも売れませんでした。超バブルカーと言ってもいいかもしれません。

バブルカーは今いくらで買い取ってもらえるか知りたいかたは久留米市車買取で一括査定するのがおすすめです。

全然新車種が出ない現在を考えると、バブル時代って本当に凄かったな~と思います。

マツダの車は走りが良い

マツダの車は本当に走りが良いです。そう思いませんか?

 

シートがとても座りやすく、運転しやすく走りやすいシートになっています。

 

又、マツダ社もアクセルの踏む位置等を走りやすく作ってあるとうたっています。

 

実際走りが楽しくなる様な、走りたくなる様な気持ちになるのは乗ってみないとわからないですが、本当に走りやすいです。

 

現に自分は他の会社の車に乗っていますが、試乗車や台車でマツダ社の車に乗せて頂いた後に自分の車に乗ると、それが同じ排気量の乗用車でも自分でも実感出来て走りが違う事が分かります。

 

アクセルを深く踏む事無く、早くスピーディーに走る事が出来ます。

 

街中で走るとそんなに車の走りの実感が湧かないかもしれませんが、高速道路や山中を走ると本当に走りの違いを実感する事が出来ます。

 

シートが長時間運転しても疲れない様に出来ているので、長距離の運転も苦痛になる事無く、体への負担も軽減されて運転できる事が出来ます。

 

運転は気持ちよく疲れ少なく運転出来る事で、注意が色々な所へ行くのも防ぐ事が出来、交通事故も減ります。

 

交通事故が減る事は何よりも良い事です。

 

マツダの車、長距離運転を行わなければならない人には絶対にオススメ出来る車だと思います。

 

車を買い替える際に八戸市車買取.comが役に立ちました!これ知っているのと知らないのでは雲泥の差ですよね。