GTOの車検が通らず困った

以前乗っていた愛車GTOで困った体験をしました。

GTOっていうのは三菱のスポーツカーで、3Lツインターボのモンスターマシンです。

この車には直線しか早くないっていう致命的な欠点があるものの(ストレートモンスターと異名ととるほどでした)、私はそのフェラーリを模したそのフォルムが好きで乗ってました。

ただこの車、人気がない故に街中で見かけることがほとんどないレアカーなんです。

値段自体は当時500万程度で購入できた車で、手が出せないような高い車でもないんです。

しかし人気のなさとフェラーリっぽいフォルムから周囲の注目が浴びやすい車でした。

早い話がみんな私のGTOを見るわけです。

カッコイイと感じてみる人もいれば、こんなアホみたいな車に乗ってるのって感じで見る人もいたでしょう。

どういう気持ちで見ようとしてるのかはわかりませんが、とにかく色んな人に見られました。

そこで運転席と助手席の両サイドの窓にカーフィルムを貼ったんです。

外から見られても中がわからないように濃いのを貼りました。

本当はここに濃いカーフィルムを貼るのはダメなんですが、直接カーフィルムを貼ってる業者に依頼しキライに貼ってもらいました。

問題は車検を通す時です。

この状態だと車検は通せないと言われ困りました。

方法としてはカーフィルムをとって車検を受ける、書類審査だけで車検を通してくれる民間車検場にお願いするの2つです。

どちらを選んでもフィルムを取るのに料金がかかりますし、書類で通してくれる車検をするにも手数料がかかり、結局それなりの費用がかかってしまうんです。

紆余曲折し、なんとか車検は通したんですが、この予想外の出費にビックリしました。

なんだかんだあったときに車を売ろうか迷ったときに車買取 名護で一括査定をしたことがあります。

結構な値段が追加のでかなり心がゆれましたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です