スズキ・イグニスのデザインを考える

アグレッシブコンパクトのキャッチコピーでデビューした、スズキ・イグニス。

ころっとしたかたまり感のあるデザインで、なかなかいいと思います。

このセグメントで、こういうコンセプトとクルマってありそうで、無かったかも知れません。

スズキは、こういう風に、隙間をついてくるのが実に上手いですね。

そうそう、スズキ・イグニスへの車の乗り換えは那覇 車買取で一括査定をしてからでも遅くないんですよ。

そのデザインですが、すでにいろいろなジャーナリズムのなかで、話が出ている通り過去のスズキ車のデザインを、少しずつ取り入れてます。

私が特に懐かしいと思ったのは、Cピラーに設けられた、スリット状の窪みです。

これ、ジウジアーロがデザインしたフロンテクーペのピラーにあったデザインです。

もう、みた瞬間に、「スズキさん、やるな~」と思いました。

こういう風に、過去の実績というか、レガシーを大切にしている姿勢は、一人のクルマ好きとしてとても好感が持てます。

あと、切り欠きを入れたボンネットフードなど、いろいろあります。

でも、全体のフォルムは、全く新しいものでとても新鮮なイメージを与えています。

真後ろから見ると、ちょっとフェンダーのふくらみが大きすぎるかな?とは思いますが、スズキとしては、「他のクルマとは違うんだ」というイメージを、先ず優先させたのでしょう。

全体として、カタマリ感のある、とてもいいデザインにまとまっていると思います。

どちらかというと、男性っぽいデザインですがオレンジカラーなどは、女性もとてもよく似合うと思います。

古くなった廃車の処分は廃車買取価格.netで!なんと、廃車費用が最低でも無料で、人気車種なら廃車にするような車でも高価買取だって十分に期待できますよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です