マツダの車は走りが良い

マツダの車は本当に走りが良いです。そう思いませんか?

 

シートがとても座りやすく、運転しやすく走りやすいシートになっています。

 

又、マツダ社もアクセルの踏む位置等を走りやすく作ってあるとうたっています。

 

実際走りが楽しくなる様な、走りたくなる様な気持ちになるのは乗ってみないとわからないですが、本当に走りやすいです。

 

現に自分は他の会社の車に乗っていますが、試乗車や台車でマツダ社の車に乗せて頂いた後に自分の車に乗ると、それが同じ排気量の乗用車でも自分でも実感出来て走りが違う事が分かります。

 

アクセルを深く踏む事無く、早くスピーディーに走る事が出来ます。

 

街中で走るとそんなに車の走りの実感が湧かないかもしれませんが、高速道路や山中を走ると本当に走りの違いを実感する事が出来ます。

 

シートが長時間運転しても疲れない様に出来ているので、長距離の運転も苦痛になる事無く、体への負担も軽減されて運転できる事が出来ます。

 

運転は気持ちよく疲れ少なく運転出来る事で、注意が色々な所へ行くのも防ぐ事が出来、交通事故も減ります。

 

交通事故が減る事は何よりも良い事です。

 

マツダの車、長距離運転を行わなければならない人には絶対にオススメ出来る車だと思います。

 

車を買い替える際に八戸市車買取.comが役に立ちました!これ知っているのと知らないのでは雲泥の差ですよね。

 

いつのまにか消えたホンダのタイプR

タイプRといえば、ホンダ。

 

ホンダといえばタイプRと思えるぐらい、ホンダ色の強いシリーズです。

 

本田技研工業は、レース活動に物凄く力を入れている企業であり、四輪だけでなく二輪もレース活動に力を入れています。

 

現在、F1に参加しているただ一つの日本の企業でもあります。

 

Rは、勿論、レーシングの頭文字であり、まさしくホンダなのです。

 

タイプRといえば、シビック、インテグラ、NSX等に存在しました。

 

しかし、インテグラは生産中止となり、NSXもグレードがなくなりました。

 

S2000同様、ベースグレード自体が、タイプRのようになっています。

 

そして、シビックもタイプRが、限定生産販売になりました。

 

その数750台に対し、注文が10倍以上だったそうです。

 

つまり、現在販売しているタイプRは、存在しません。

 

いつの間にかタイプRの存在が、消えているのです。

 

タイプRは、特徴がありました。

 

まず赤色のバケットシートが挙げられます。

 

次に、チタンシフトノブです。

 

そして、赤色のホンダエンブレムです。

 

勿論、エンジンもファインチューニングが、施されており、高回転エンジンとなっています。

 

それが、300万円未満で何時でも手に入ったのは、もう過去の事となりました。

 

残念です。

 

また復活することを願ってます。